東京 渋谷区の宇田川税理士事務所です。

『不動産管理会社による節税・相続税対策』

『土地活用・不動産の税金のご相談』 を行っています。

JR渋谷駅から徒歩5分、地下鉄渋谷駅から徒歩3分です。

《主な業務地域》東京都全域、神奈川県、埼玉県、千葉県の一部

お電話でのお問合せはこちら
03-3407-8150
受付時間
9:00 ~ 19:00
定休日
土曜・日曜・祝祭日

   〒150-0002

 東京都渋谷区渋谷1-12-8 ILA渋谷美竹ビル302

会社設立サポートのご案内

当事務所では会社設立に関する税務相談と共に会社設立業務も行っています。

株式会社設立サポート業務料金

 

登録免許税 

 定款認証料    収入印紙   報 酬   合 計
費用  150,000円   52,020円      0円

 46,000円

 248,020円

 

合同会社設立サポート業務料金

  登録免許税 定款認証料 収入印紙  報 酬  合  計
費用 60,000円    0円    0円 46,000円 106,000円

 

通常は会社を設立することによる収入印紙代が40,000円かかりますが、「電子定款の認証」という方式を行うことにより0円となります

※会社設立業務は提携士業が行います

会社設立のよくあるご質問

Q、申込から設立までどのくらいの期間が必要でしょうか

A、お申込みから登記申請まで1週間から2週間、法務局内部での手続きが完了するまでにさらに1週間かかりますので、約3週間が目安になります。

法人での物件購入に会社設立が間に合わない場合は一旦個人で手付金などを立替払いして、法人設立後に売買契約や登記、融資などを法人で行う方法をお勧めしています。

Q、会社設立日を記念日などに指定することはできますか

 A、法務局の営業日(土日祝日以外)でしたら指定できます。

Q、不動産管理会社は株式会社と合同会社のどちらが良いのでしょうか

 A、初期費用が安く済むのは合同会社ですが、相続対策を考えると株式会社の方が汎用性が高いため当事務所では株式会社をお勧めしています

Q、会社名に数字やアルファベットを使うことはできますか

 A、もちろん使うことができます、会社名にはご自身の名前やお住まいになっている地名の一部を入れている方が多いようです。

 Q、会社の本店はどこにしたら良いですか

 A、ご自宅を本店にしている方が一番多いようです。しかし賃貸マンションで法人登記が禁止されている場合や転居が多い場合や将来的に引っ越すことを予定されている場合には、ご実家など住所が変わらない場所を本店にすると便利です。(本店を移転した場合は会社本店と代表者住所の変更登記をする必要があります)

登記上の本店と実際の営業拠点が別だとしても特に税務上は問題ありません、ただ法人設立に伴うダイレクトメールなどは本店所在地に届くことにご留意下さい。

Q、会社の事業内容はどのように決めれば良いでしょうか

 A、不動産購入のための銀行融資をご検討なさっているのでしたら、事業目的が多数ある会社ですと銀行が若干融資がしづらくなる傾向があるため「不動産の賃貸及び管理」といったシンプルな事業目的で設立することがベストです。 

Q、資本金はいくらにしたら良いでしょうか

 A、会社は資本金1円から設立することもできますが、100万円~300万円位の資本金で設立される方が多いようです。

また資本金以上のお金が必要となった場合は役員や株主から借りて調達すれば税務上は特段問題ありません。

Q、株主は誰にしたら良いでしょうか

 A、基本的には不動産オーナー以外の方が株主になった方が相続税対策になります、しかし法人に利益を残していく計画が無い(法人の利益を役員報酬として親族に支払っていく)ようでしたら、オーナーご自身が株主になっても所得税や相続税への影響はありません。

Q、役員は誰がなったら良いでしょうか

 A、不動産オーナー以外の方が代表取締役になった方が良いです、しかし銀行から融資を受ける際に代表取締役の連帯保証を要求されますのご留意下さい。

また不動産オーナーの方が平取締役に就任して報酬はゼロにしても税務上の問題は発生しません。

Q、役員の任期は何年にしたら良いでしょうか 

A、任期は最大10年にできますので、ファミリー会社でしたら事務手続きの簡素化のために10年をお勧めしています

Q、会社の決算はいつにしたら良いのでしょうか

A、法人(会社)の決算月は個人の確定申告月である12月とは異なり自由に選択することができます、設立後1年の時点を決算期にする方が多いようです。

Q、会社設立にはどんな書類を用意するのですか

A、役員や株主になる方全員の印鑑証明原本を各1通ずつご用意下さい、また当事務所用の会社設立申込書の記載もお願いしています。

Q、会社の実印や銀行印、社判などは必要でしょうか

A、会社の実印と銀行印は最低限必要になってきます。

Q、法人名義の銀行口座はいつから開設することができますか

A、法人の設立登記が終了すると会社の謄本を取得することができますので、それら必要資料を持参して最寄りの金融機関で開設してください。金融機関によって必要書類が異なりますので事前にお電話などでご確認された方が良いでしょう。 

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

03-3407-8150

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

代表者プロフィール

    宇田川 博一
  (うだがわ ひろかず)
    1976年生まれ
 東京都江戸川区出身 埼玉県在住
   東京税理士会渋谷支部
          登録番号 109840

ご連絡先はこちら

宇田川税理士事務所

03-3407-8150
住所

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-12-8
ILA渋谷美竹ビル302